黒緑で

こんなのはどうだろう?

カグツチ&ゼーガ
http://www.carddass.com/crusade/cardlist/decksrc/201512/1449581277.html

カグツチの「ペイン(1)を与える」テキストを何かで使えんかな・・・?って考えてたら思いついたのがこれ。
カグツチとフリスベルグを場に構えてプレッシャーをかけていくのが定石になるか。

問題は4ターン目まで特にすることがないということと、フィニッシャー足りうるユニットがないことか。
スポンサーサイト

キャベツと豚肉の味噌炒め―イデオンを添えて―

お題の通り。

回鍋肉イデオン
http://www.carddass.com/crusade/cardlist/decksrc/201502/1423490889.html

ネタに走りたかっただけ。実用性は気にしてはいけない。
配備フェイズ回鍋肉からイデオンで更地にしてから「コントロールマスク」or「ガイン&ブラックガイン」をプレイ。以上。
使いたいギミックは回鍋肉とイデオンだけやったからそれ以外はほぼ自由枠。

青赤リンク

新年会参加されたみなさんお疲れ様でした。
今年もよろしくお願いします。

ということで、新年一発目のデッキはこれ。
とりあえずプロトタイプ。

青赤リンク

コンセプトはコインデッキということで。
実際に組んで回してみたわけではないのでいろいろと不便な点はあるかもしれない。
一応柔軟に対応できるようにはなってるんじゃないかと思いつつ、早さが足りないかもしれないとも思う。

緑単ゼーガR2解説!

先週のハイライト
ハ「ゼーガって光の翅ありますよね?高機動ついてないんですか?」
(ついてないんだよ・・・ちょっと昔のカードですからね・・・)

ということで、先週の優勝デッキ、緑単ゼーガR2

基本的なプランは
2ターン目カラドリウスプレイ
3ターン目ジフェイタスプレイ(無くてもいい)、シマプレイ
4ターン目アルティールまたはフリスベルグプレイからカラドリウスをホロボルトプレッシャーまたはアルティール&ガルダに武装変更
以降ホロボルトプレッシャーとアルティール&ガルダを武装変更してコインをためてシュートするのが大筋の勝ち筋。

気を付けなければならないのはシマをプレイしているときの紅蓮弐式(甲壱型腕装備)のプレイ。意外と見落としがちですが国力上がってます。
後はシマのプレイタイミング。使用者曰く、「キャラ割りされると面倒、でも出すだけで終わらせたくないから3ターン目にずらす」とのこと。相手を見て選択することが大事だそうです。

サブプランとして紅蓮聖天八極式によるビートがあって、基本的に紅蓮弐式(甲壱型腕装備)からの武装変更でどうぞ。
この際、エース値には十分注意。

マリガンはカラドリウスとシマがいるか。シマがいなくてもアヤノがいればやってもいいかも。
要は4ターン目に武装変更してQLコインをためるようにできるかどうか。

ランス~スペシャル 本人解説!

ということで、ランス~スペシャルの本人解説です。

お試しじゃないけど、こんな感じかなという更新なので、ご希望等々ありましたらご意見お待ちしております。

では。


基本的な流れとしては、3ターン目または4ターン目にアリカまたはニナのマテリアライズ(または動き出した心)を決めること。
その前後の動きとして、序盤の打点としてのトモエ・マルグリットがある。
また、マテリアライズだけでストップしてしまうのではなく、その先の展開を考えて採用したのがレナ・セイヤーズでキャラクターからのマテリアライズはもちろん、通常プレイまで視野に入れてプレイする。

そのため、ハンドを確保するために運命を採用している。
コンバットトリックとしてはC.C.&ルリを使うのでなるべくGに置かないように。

最終的な布陣は、
トモエ・アリカ・ニナでエース5を埋めるパターンか
アリカ(またはニナ)・レナでエース5を埋めるパターンの二つになる。
Gに置くものはなるべく「特徴:乙Hime」で固められるようにするのがベスト。


とのこと。
以上こんな感じでいかがでしょう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。